• LIKE4
  • 476view

特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」

大江戸。この言葉は、世界有数の大都市であった江戸の活発かつ明るい印象を想起させます。18世紀初頭、江戸は推定で100万人もの人口を擁する都市でした。東京都江戸東京博物館は、この夏、特別展「大江戸の華」 を開催し、都市江戸の活発で明るい一面に迫ります。

本展では、江戸の武家や商家の儀礼、祭などの年中行事をとりあげ、江戸の人びとの暮らしや人生におけ る“ハレ”の場面や舞台を描いていきます。江戸東京博物館が所蔵するコレクションからよりすぐりの品々はもちろん、国内各所から優品を集めるとともに、イギリス・アメリカからも二領の鎧が日本に里帰りします。これらの品々は、江戸に生きた人々の明日への活力を私たちに伝えてくれることでしょう。


▼▼見どころ▼▼
1. 実用性よりも審美性が重視されるようになった 鎧や武器の数々をダイナミックに展示!

2. お稲荷様のお社や四神旗、獅子頭など 大商人による貴重な祭道具が集結。 江戸時代の祭を臨場感溢れるリアルさで再現!

3. 雛人形や小袖など豪華絢爛な道具。 時代を支えた武家の女性達の姿に迫る!  

※会期中に展示替えがあります。
※新型コロナウイルス感染症などの状況によって、会期・休館日・開館時間・観覧料・各種割引サービス等を変更する場合があります。

--------
サムネイル画像:日吉山王社参詣図屏風(江戸時代前期)江戸東京博物館/所蔵、展示期間7月10日~8月9日
/8月11日~9月20日
カバー画像:白天鵞絨地胴服(16世紀後半~17世紀前半)江戸東京博物館/所蔵、展示期間9月7日~9月20日
1枚目:白麻地御殿模様茶屋染帷子(18世紀後半~19世紀前半)江戸東京博物館/所蔵、展示期間7月10日~8月9日
2枚目:白羅紗葵紋付陣羽織(江戸時代末期~明治時代初期)江戸東京博物館/所蔵、展示期間7月10日~8月9日
3枚目:紫縮緬地御所解模様小袖(江戸時代後期)江戸東京博物館/所蔵、展示期間8月11日~9月5日
--------
  • 特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」
  • 特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」
  • 特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」

このイベントの投稿者

KIMONO BIJIN

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • 日本
女の子の着物メディアKIMONO BIJIN

イベント情報