• LIKE2
  • 513view

史上初!44m超、国宝全4巻一挙公開!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」

特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が2021年4月13日(火)〜5月30日(日)に東京・上野の東京国立博物館で開催。

日本でもっとも有名な絵巻、国宝「鳥獣戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)」は、擬人化したウサギ、カエル、サルなどの動物たちが相撲や水遊びをしたり、人間たちの個性豊かな姿を墨一色で躍動的に描いた作品。日本の漫画やアニメのルーツとも言われ、今からおよそ800年前、平安時代後期から鎌倉時代にかけて描かれました。本展では展覧会史上初めて、合計44メートルを超す国宝4巻の全シーンを会期を通じて一挙公開。国宝「鳥獣戯画 甲巻」は動く歩道でご覧になれます。

かつて4巻から分かれた断簡、さらに原本ではすでに失われた場面を留める模本の数々も集結。まさに”鳥獣戯画のすべて"を一度に楽しめる、またとない機会です。

各巻を横断的に見比べることができるのは全巻全場面展示ならではの醍醐味。よく似通った甲巻と丙巻の擬人化されたウサギ、サル、カエルはもちろんのこと、乙巻と丙巻の鶏や犬、乙巻と丁巻の馬や牛といった動物を見比べてみると、各巻の線の違いがよく分かります。その他、甲巻と丁巻の法会の場面、丙巻と丁巻の験競べといった人間と動物が同じ行動をしている場面を比較してみるなど、楽しみ方は無限大。

「鳥獣戯画」の伝わる京都・高山寺(こうさんじ)は、鎌倉時代の僧、明恵(みょうえ)上人によって再興され、今も多くの美術品が伝来しています。本展では、高山寺の開山堂に安置され、「秘仏」として普段は公開されていない重要文化財「明恵上人坐像」が28年ぶりに寺外で公開され、高山寺選りすぐりの名宝などから、明恵上人の魅力にも迫ります。


まだ謎も多い「鳥獣戯画」。この機会にユーモラスでかわいいキャラクターをじっくりゆっくりご堪能ください♡


※本展は事前予約制です。オンラインでの日時指定券の予約が必要です。
※最新情報は展覧会公式サイトでをご確認ください。
https://chojugiga2020.exhibit.jp/

■ 【2分動画】特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」|朝日新聞 Arts & Culture
https://youtu.be/XLsv_VeJgTU

■ VR作品『鳥獣戯画 超入門!』
作品への理解が深まるVR作品『鳥獣戯画 超入門!』が東京国立博物館・東洋館内「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」で2021年4月14日(水)から初公開。国宝 鳥獣戯画は「誰が描いたのか詳しいことはわからない。おそらく、複数の人物が別の時代に描いたのではないか」と考えられています。今もなお、多くの謎に包まれながらも、たくさんの方に親しまれ、愛され続ける鳥獣戯画。本VR作品では、その魅力を、動物たちの動きや表情に注目してやさしく解説します。

VR作品『鳥獣戯画 超入門!』詳細▼
https://www.toppan-vr.jp/mt/
  • 史上初!44m超、国宝全4巻一挙公開!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」
  • 史上初!44m超、国宝全4巻一挙公開!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」
  • 史上初!44m超、国宝全4巻一挙公開!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」

このイベントの投稿者

KIMONO BIJIN

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • 日本
女の子の着物メディアKIMONO BIJIN

イベント情報