• LIKE2
  • 686view

ボストン美術館所蔵 「THE HEROES 刀剣×浮世絵ー武者たちの物語」

世界最高水準の日本美術コレクションを誇るボストン美術館所蔵品の武者絵と、秘蔵の刀剣が鑑賞できるボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵ー武者たちの物語」が2022年1月21日(金)から3月25日(金)まで森アーツセンターギャラリーにて開催予定です。

平安時代の名刀や中世に活躍した刀工の名品などを有するボストン美術館の刀剣が日本でまとまって紹介されるのは、なんと約半世紀ぶり。

武者絵とは、『平家物語』のような軍記物語や、武勇伝説に登場する英雄(ヒーロー)を描いた絵で、江戸時代には武者たちを描いた浮世絵が、人々の人気を博しました。


\見どころ/
▶クールで迫力のある武者絵118点。国貞、国芳、広重もすべて日本初出品!
菱川師宣、北尾政美、歌川国貞、歌川国芳、歌川広重、月岡芳年など、有名絵師の武者絵を物語の時代に沿って辿っていきます。時代を超えて広く親しまれてきた浮世絵。江戸時代には歴史を彩ったヒーローが活躍する姿を描いた浮世絵が人々の心をとらえました。
武者絵と、刀剣の鐔(つば)に描かれた共通のイメージを解き明かしながら、様々なヒーローたちの活躍をじっくり見ていきましょう。

▶ボストン美術館から半世紀ぶりに名刀が多数里帰り!
浮世絵版画のコレクションで広く名前が知られたビゲロー・コレクションや、近年新たに加わった刀剣の世界的コレクターとして知られるウォルター・コンプトン氏の寄贈品などから、日本最古の名工といわれる安綱の銘が残る太刀や、中世日本に多くの名匠を輩出した長船派の名刀などが展示される予定です。
そのほか、膝丸、蜘蛛切、薄緑などさまざまな名前を持つ源氏の重宝「太刀 折返銘 長円(薄緑)」(平安時代・12世紀 個人蔵)をはじめ、国内所蔵の名刀の特別出品も決定。

このイベントの投稿者

hono

  • 日本
宜しくお願い致します。

イベント情報