• LIKE0
  • 152view

「日本のあかりのうつりかわり」~古灯器からガス灯へ~展

東京ガスネットワーク株式会社は、ガス事業誕生150年を記念して、2022年7月16日(土)から9月19日(月・祝)まで「『日本のあかりのうつりかわり』〜古灯器からガス灯へ~展」を開催します。
 近代日本における「ガス灯」の前史ともいえる「日本のあかり」の変遷から、日本の伝統文化に育まれた貴重な古灯器のコレクションによって紹介します。
かつてヒトが手に入れた「炎」は、大昔より調理や暖房のほか、闇を照らす照明の光源として利用され、私たちの暮らしと文化を支える役割を担ってきました。  
 炎のあかりは日本の伝統文化の中で、薪や油・ろうそくなどを燃やす照明器具として発達しました。江戸から明治にかけては、様々な工芸の技を活用した風情ある灯器が生まれました。
そして今から150年前、明治5年(1872)に文明開化の象徴としてガス灯のあかりが登場しました。ガス灯は、日本の伝統文化と西欧の近代文明が融合して、暮らしのなかの炎のあかりの到達点でした。
 この展示会では「ガス灯」の前史として、日本の人々が明るく使いやすいあかりを求めて編み出した「和の古灯器」をご覧いただけます。

そのほか、展示されている古灯器と同じ用途の灯具の点灯実演があります。また、ろうそくを使ってガス灯にあかりを灯す体験もできる。明るさの違いを比べたり、ガス灯にあかりを灯す体験を通して、炎のあかりの進化の過程を実感できます。昔の人々の生活を想像しながらお楽しみください。
また、新型コロナウイルス感染防止のため、ご見学は1日14回、各回先着25名定員、30分間隔の入れ替え制です。詳細は公式サイトをご確認ください。
<スケジュール>
① 10:00~10:30  ② 10:30~11:00
③ 11:00~11:30  ④ 11:30~12:00
⑤ 12:00~12:30  ⑥ 12:30~13:00
⑦ 13:00~13:30  ⑧ 13:30~14:00
⑨ 14:00~14:30  ⑩ 14:30~15:00
⑪ 15:00~15:30  ⑫ 15:30~16:00
⑬ 16:00~16:30  ⑭ 16:30~17:00
▼『「日本のあかりのうつりかわり」~古灯器からガス灯へ~展』公式サイト
https://www.gasmuseum.jp/gallery/

このイベントの投稿者

イベント情報