• LIKE0
  • 40view

日本のモダンデザインのパイオニア・杉浦非水の仕事 「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展覧会

日本におけるモダンデザインのパイオニアとして知られる杉浦非水は明治41年(1908)に三越呉服店の嘱託となり、その後図案部初代主任をつとめ、昭和9年(1934)に退社するまで足かけ27年にわたって同店のポスターやPR誌表紙などのデザインを一手に担いました。三越以外にも、様々な企業のポスターやたばこの「響」「光」といったパッケージなどを手がけ、非水の単なる「宣伝」の枠を超えた図案家としての幅広い活動から生み出された作品の数々は、現在でいう「グラフィックデザイン」の原点といえます。

その杉浦非水の仕事を知る展示会「杉浦非水 時代をひらくデザイン」が2021年9月11日(土)から11月14日(日)まで、 たばこと塩の博物館にて開催されます。

今回の展覧会は4章で構成。非水の故郷にある愛媛県美術館所蔵のコレクションを中心に、ポスター、装丁、雑誌表紙、パッケージデザイン、図案集などの代表作はもちろん、彼の創作の背景を知るためのスケッチ、写真、遺愛の品々も展示されます。

▼▼▼展覧会の構成▼▼▼

1.<第1章 図案との出会い>
元は東京美術学校(現・東京藝術大学)で日本画を学んでいた非水でしたが、黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の装飾資料に魅せられて「図案家」としての道を歩み始めます。本章では、非水に影響を与えた黒田や友人らとの交流を紹介するほか、非水の活動の原点である若き日の足跡をたどります。

2.<第2章 図案の開拓者>
1908年に三越呉服店の嘱託となり、その後図案部初代主任として1934年まで27年間にわたって、同店のポスター・PR誌表紙など様々なデザインを一手に担当しました。また、三越以外の企業デザインや多くの装丁・雑誌表紙なども手がけています。本章では、図案家としての地位を固めていく明治後期から大正期にかけての仕事を見ていきます。

3.<第3章 自然に学ぶー写生と図案>
「図案は自然の教導から出発して個性の匂ひに立脚しなければならぬ」(『非水の図案』巻頭言、1916年)と説いた非水は、独創的な図案は自然を真摯に見つめてこそ生まれるという信念を持ち、終生自然から学び取る態度を崩しませんでした。本章では、非水の創作活動の根幹ともいえる「写生」に注目します。近年注目を集める、非水が撮影した写真や無声フィルムも紹介されます。

4.<第4章 非水が目指したもの、のこしたもの>
1922年、46歳にして初めてヨーロッパ進学を果たし、1年ほどの滞在期間中は、フランスを中心にドイツ、イタリアなどを精力的に巡り、ポスター収集などに努めました。帰国後、非水の作風は、それまでの和洋混交の優美なスタイルから、より明快で大胆、シャープなものへと新たに展開します。また、デザインの価値と存在意義の向上を唱えるなど、その言動は教育者の立場へと移行していきました。
最後の章では、明治・大正・昭和という3つの時代を生きた、グラフィックデザインのパイオニアが何を目指し、何をのこそうとしたのかに迫ります。

非水は、昭和5年(1930)頃から大蔵省専売局の嘱託(デザイナー)となり、大蔵省専売局のデザインワーク全体の指導的立場として活躍しました。本展では、たばこと塩の博物館が所蔵する、非水が手がけたたばこパッケージやポスターなど 300点以上の作品が展示されます。

前期:9月11日(土)~10月10日(日)
後期:10月12日(火)~11月14日(日)
*前期・後期で展示替えを行います。

※ 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては。臨時休館などになる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

公式サイト▼
https://www.tabashio.jp/exhibition/2021/2109sep/index.html

トップ画像・カバー画像:田口掬丁著『ふたおもて』前 大正4年 愛媛県美術館
画像1:日本画家写生教室 五月三日 明治30〜34年(1897〜1901) 愛媛県美術館
画像2:菊池幽芳著『百合子』上・中・下 大正2年(1913) 愛媛県美術館
画像3:「書籍装幀雑誌表紙図案展覧会」会場写真(『非水アルバム帖』より)撮影:明治45年(1912) 愛媛県美術館
  • 日本のモダンデザインのパイオニア・杉浦非水の仕事 「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展覧会
  • 日本のモダンデザインのパイオニア・杉浦非水の仕事 「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展覧会
  • 日本のモダンデザインのパイオニア・杉浦非水の仕事 「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展覧会

このイベントの投稿者

王杰

  • 中国
よろしくお願いします!

イベント情報