• LIKE0
  • 35view

北斎作品約100点!特別展「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」

すみだ北斎美術館にて、人気の高い北斎作品約100点が公開される展覧会「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」が2021年7月20日(火)から9月26日(日)までの開催です。

すみだ北斎美術館が所蔵する二大名品「冨嶽三十六景」シリーズと、すみだ北斎美術館開館記念展で約100年ぶりの再発見として話題となった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を中心に、前期・後期にわけ北斎作品約100点が展観されます。

今回はじめて「冨嶽三十六景 山下白雨」(前期のみ)のバージョン違いが並べて展示され、また北斎の錦絵「桜に鷹」等の版木を使用した火鉢が初公開するなど、見どころの多い展覧会。

北斎の名作の数々を通して、日本の四季の美しさ、江戸時代より観光スポットとして知られる隅田川周辺の名所が紹介されながら、北斎のたぐい稀な筆力と発想力が堪能できます。

\展覧会の見どころ/

1.錦絵「桜に鷹」と、その版木を使用した火鉢が一緒に展示

錦絵「桜に鷹」の制作に使われたとみられるオリジナルの版木を使用した〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉が、今回ともに展示されます。〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉は、今回の展覧会が初公開となる資料。北斎の一枚摺りの錦絵の版木自体、極めて珍しく、資料としても大変貴重です。
※錦絵「桜に鷹」は8月22日まで、火鉢は9月26日まで通期での展示です。

2.北斎を代表する三大錦絵シリーズ「冨嶽三十六景」、「諸国瀧廻り」、「諸国名橋奇覧」

北斎を代表する三大錦絵シリーズ「冨嶽三十六景」(全46図)、「諸国瀧廻り」(全8図)、「諸国名橋奇覧」(全11図)が前期・後期にわけ全て展示されます。各シリーズの全貌をご覧いただくとともに、1つの主題を多様なパターンで描き分けた北斎の発想力と筆力を楽しんでみてください。

3.全長約7メートルの絵巻「隅田川両岸景色図巻」

「隅田川両岸景色図巻」は約7mの北斎肉筆の巻物。約100年に及び行方不明でしたが、2015年に墨田区が取得し、現在はすみだ北斎美術館で所蔵されています。両国橋付近から新吉原へ向かう隅田川両岸の風景と、新吉原における遊興の様子が描かれた639.9cmに及ぶ北斎の肉筆画に、画中に登場する名所を読み込んだ注文主の烏亭焉馬(うていえんば)による横幅76.1cmの狂文が付されています。すみだ北斎美術館での展示は2016年以来5年ぶり。前期・後期で巻替えがあり通期で展示されます。

※前後期で一部展示替え予定
前期: 7月20日(火)~8月22日(日)
後期: 8月24日(火)~9月26日(日)

トップ画像・カバー画像:葛飾北斎「隅田川両岸景色図巻」新吉原での遊興の様子(後期展示)すみだ北斎美術館
画像1:葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(後期展示)すみだ北斎美術館蔵
画像2:〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉個人蔵、すみだ北斎美術館寄託(通期展示)
画像3:葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」(後期展示)すみだ北斎美術館
  • 北斎作品約100点!特別展「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」
  • 北斎作品約100点!特別展「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」
  • 北斎作品約100点!特別展「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」

このイベントの投稿者

王杰

  • 中国
よろしくお願いします!

イベント情報