• 2017年4月22日2:34:47更新

日本酒の魅力を世界へつなぐアンバサダー♡ミス日本酒【Miss Sake】2017

和髪や振袖着付けも自分たちで仕上げる♡日本酒、日本文化のアンバサダーであるミス日本酒【Miss Sake】2017の最終選考会が2017年3月30日㈭ウエスティン都ホテル京都で開催されました。グランプリには賞金300万円、受賞者は日本酒のアンバサダーとして活動されます。

ミス日本酒【Miss Sake】2017

出典:https://www.facebook.com/1278836255511428/photos/pcb.1364418880286498/1364417576953295/?type=3&theater

日本の食文化、伝統文化である日本酒のアンバサダーであるミス日本酒【Miss Sake】2017の日本代表が決定しました。
グランプリに輝いたのはミス日本酒、愛知代表の田中梨乃さんです。審査員からの質疑応答や自己PRのスピーチでは、日本酒と美肌効果の話などをわかりやすく、英語や手話でも伝えていらっしゃったのがとても印象的でした。また、陶芸が趣味の田中さんは、日本酒を呑む時は自分で作った酒器を使用しているんだとか。まさにミス日本酒日本代表というかんじですね♡

日本酒の魅力を世界へつなぐアンバサダー

ミス日本酒【Miss Sake】とは。

今年で第4回目の開催となるミス日本酒。日本酒、日本文化の魅力を国内外に発信するアンバサダーの選出を目的とし外務省、農林水産省、国税庁、観光庁、日本酒造組合中央会等の後援のもと2013年9月にスタートし2016年3月には『Miss SAKE USA』を開催し海外でも選出コンテストが行われました。



出典:https://www.facebook.com/MissSakeOfficial/

ミス日本酒【Miss Sake】2017

2017年は北海道、岩手、秋田、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、岐阜、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、広島、愛媛、高知、福岡、熊本で地方大会が開催され22名のミス日本酒【Miss Sake】2017ファイナリストが誕生!

出典:https://www.facebook.com/MissSakeOfficial/photos/a.403223906448492.1073741828.396929737077909/1059011317536411/?type=3&theater

最終選考会ではミス日本酒2017日本代表のほかに、ファイナリストの中から審査員特別賞に京都代表の白濱萌音さん、地域活動貢献賞に群馬代表の結城瞳ジーナさん、岐阜代表の原田理央さんが選ばれました。

京都代表の白濱萌音さんの振袖は、京都の藤井紋さんの総絞り♡とても素敵でした♡

年間400件以上の活動実績!

ミス日本酒に選ばれると全国各地で日本酒の魅力を伝えるアンバサダーとしての活動がスタート。

2014年から現在までに世界13か国22都市を巡り、国内では全国の酒蔵・酒造メーカーへの訪問や日本酒イベント、レセプションなど、その数、1年間に400件以上!

出典:https://www.facebook.com/1548971358727412/photos/a.1550270828597465.1073741828.1548971358727412/1573335616290986/?type=3&theater

知識や教養を学び積み重ねるナデシコプログラム♡

ミス日本酒、地方大会で代表(ファイナリスト)に選ばれると日本酒、和髪、ヘアアレンジ、メイク、ネイル、セルフ着付け、所作、陶芸絵付け体験、酒造見学など約3か月間、日本酒、日本文化のアンバサダーとして知識や教養を学ぶ『ナデシコプログラム』がはじまります。

出典:https://www.facebook.com/1278836255511428/photos/rpp.1278836255511428/1364417770286609/?type=3&theater

ナデシコプログラムを受けたミス日本酒の方々は、出演するイベントでの和髪や振袖着付けは自分で仕上げちゃうそうです。自分でステキに変身できちゃうのがスゴイ♡

ミス日本酒代表の方々のコメントはこちら↓(公式Facebookより)

「きものは日本のパスポート」と耳にしたことがありますが、着物を着るだけで日本を表現することが出来るのです。私たち日本人が日本文化を端的に表現出来る「きもの」をきちんと着ることが出来るようこれからも特訓して頂き、日本酒と共に日本文化を国内外へ伝えられるよう更なる努力して参る所存です。」
(ミス日本酒2017 日本代表:愛知代表 田中梨乃)

「丁寧な着付けは、おもてなしをする相手に心を尽くすことです。一つ一つの行程を丁寧に、隅々にまで気を遣いながら着付けを仕上げていく過程に、これからうかがう場とお相手に対する敬いと感謝の気持ちを重ねて参りたいと思います。」
(ミス日本酒2017 群馬代表 地域活動貢献賞:結城瞳ジーナ)

他にも公式Facebookでは、和髪や着付け、日本酒などにつにて学んだ感想やイベントの様子などが載っています。

若い女性に向けて

ミス日本酒【Miss Sake】の応募条件は満20歳から29歳(4月1日現在)の未婚女性。

ミス日本酒【Miss Sake】は、日本酒はもちろんのこと、日本文化に親しみ、社会貢献意識が高く、グローバルな感覚を持ち合わせ、美を追求している女性が選考基準だそう。

若い女性に向けて吞みやすい日本酒や、日本酒を使用した美容法などを発信していて、日本酒をもっと身近に感じていただきたいという団体のメッセージが伝えられています。

和髪に振袖着付け♡日本酒、日本文化のアンバサダー

こちらは女の子に人気の高い和の髪飾り、つまみ細工。つまみ細工は東京都指定の伝統工芸です。

ミス日本酒【Miss Sake】2017選考会で東京代表の加藤香さんもつまみ細工髪飾りを使用していました。
自分で作ったオリジナルだそう♡着物にピッタリですね。

日本酒はもちろんのこと日本酒を通じ地域の良さや、日本の良さを国内外に発信されているミス日本酒【Miss Sake】♡


これからの活動にも注目です。

※画像の無断転載はご遠慮ください。

このまとめのライター

ゆり

  • instagram
  • facebook
日本のものが大好き♡

関連するまとめ

カテゴリ一覧

着物アクセスランキング

先週のまとめランキング

もっと見る

着物おすすめ

まとめおすすめ

もっと見る